E メール


2024年 02月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29   
今日

2024年 03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       


ご利用方法
 
数学的解釈が生み出した、鮮やかな3次元的リング

50cm × 50cm
点と点を曲線で結び、円として展開。
面となった部分の重なりを黒で塗り潰す事により、
大小のリングが3次元的に折り重なったように見えるロジカルなグラフィック。

バリエーション 1-15
規則性を持つ数学的な解釈に着眼し、「連続」「展開」「発想」のキーワードから視覚表現した、マックス ビルによるコンクリートアート 15バリエーション の中の1作 バリエーション 12

※コンクリートアート(Concrete=具象、具体)
感情的な表現を一切排し、客観的な外観と数学的な構成を特徴とする、具象美術または具体美術のこと。

マックス ビル バリエーション12

額縁 フレームは別売りとなります。
 

MAX BILL 【マックス ビル】ポスター バリエーション12

3,850
115point

+ −

SOLD OUT

■カテゴリー : ポスター
■品名 : Variation 12 ( バリエーション12 )
■デザイナー : Max Bill ( マックス ビル )
■制作年 : 1935年
■サイズ : 幅 500 × 高 500 mm
■素材 : 紙: (ヴァンヌーボ)
■生産国 : 日本
■通信販売価格 : 3,500円 + 税

デザイナー マックス ビル
1908年、スイス ヴィンタートウール生まれ、1994年没。

マックス ビルの名前は、コンクリートアートや環境デザインと結びつくことが多いが、彼はいわば多方面で活躍したスイス人「ユニバーサル クリエーター」だ。
1924年から1927年にかけてチューリッヒで彫金の修行をし、その後、バウハウスでカンディンスキーやクレーのもとで学ぶ。
1929年以降、画家、彫刻家、グラフィックアーティスト、建築家、そして後には工業デザイナーの顔ももつことになるが、当初は画家としての活動がメインだった。この時期の幾何学的且つ抽象的な作品として、「一つのテーマに対する15のバリエーション」(1935-1938年)がある。
1933年に閉校したバウハウスの精神を継ぐべく 開校したウルム造形大学 1954年 初代学長に就任。

彼の言葉を引用する「アートはかなりの部分、数学的思考によって作ることができると考える。私は数学を数字と記号のみを使った科学とみなすが、一方、アートは美の研究あるいは理論である美学を扱う、美に対する心理的反応であると思う。即ち、(アートは)数学のアンチテーゼなのだ」現代美術の主要コレクションにマックス ビルの作品は欠かせない。



478
MaxBill バリエーション1



MaxBill マックス ビル 関連商品一覧


BAUHAUS バウハウス 関連商品


GO インテリア オブジェ 一覧


 


基本運賃